スタートアップのためのPR会社・ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。「ゼロから広報PRを学びたい」「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」とお考えの方は、ぜひ[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。

ベンチャー広報・メールマガジン

お詫びと訂正【広報PR・おすすめの一冊】『小さな会社の広報・PRの仕事ができる本』山見博康・著

2020年12月23日

株式会社ベンチャー広報からのメールを受信された皆さま

先ほどお送りいたしましたメールにおいて件名に不備がございました。
お詫び申し上げますとともに、以下に訂正させていただきます。

<内容>
メール件名
誤:【広報PR・おすすめの一冊】『戦略思考の広報マネジメント 業績向上につながる“8つの広報力”の磨き方』

正:【広報PR・おすすめの一冊】『小さな会社の広報・PRの仕事ができる本』山見博康・著

------------------------------
お世話になります。

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報の武田です。

今回は、広報に関するおすすめ書籍をご紹介します。

書 籍:『小さな会社の広報・PRの仕事ができる本』
著 者:山見博康
発行元:日本実業出版社
https://www.amazon.co.jp/dp/4534051247/

この書籍は広報業務をわかりやすく解説した実用書です。広報とメディアの役割、プレスリリースや取材対応といった業務がどんなものなのかを理解できるだけでなく、様々な手法と考え方も具体的にまとめられた、広報の教科書とも言える一冊です。

【著者について】
著者の山見博康氏は、九州大学経済学部卒業後、神戸製鋼所へ入社。広報課長、広報部長を歴任し20年近くにわたり広報畑を歩まれました。2002年に独立し、広報PR・危機対応のエキスパートとして企業への広報指南のほか、セミナー登壇やPR関連著書の執筆をされています。

【書籍の概要】
本書は2013年に発行され、企業における広報活動の意義と効果、実際の広報業務の流れや取り組み方、メディアの役割、地方にある企業の広報活動や成功事例などを集約。必要な知識とすぐに実行できるノウハウ、巻末にはメディアの方からのコメントまで、広報の「知りたい」が詰まっています。

本書の前半では、「広報・PR業務の大まかな流れ」と「メディアの役割と特徴」として、メディアに向けて自社情報を伝えるにあたり、どのような視点と考え方をベースにすると良いか記されています。広報でよく言われる「情報の切り口」についても、それを明確化するために“特長”と“差別点”を洗い出し、記者からの質問を予測することで、情報の肉付けをしていく手順が具体的に紹介されています。

さらに、記者へのコンタクト方法、取材準備~取材後、記事掲載のプロセス、受け答えのポイント、メディアの種類や組織、記事になるプロセスといったメディアの基本的な構造についても学ぶことができます。

この、“特長”と“差別点”の洗い出し、記者からの質問予測は、繰り返し実践すると広報スキルが磨かれます。これ実践しながら、取材時の記者の反応や、記事掲載の見出し・内容と照らし合わせることで、記者に刺さる情報づくりのノウハウが、日々の広報業務の中で自然と蓄積されていくはずです。

本書の中盤では、広報担当者の誰もが一度は悩んだことのある「ニュースになるネタとは?」について、記されています。

広報活動を継続的に行うなかでは、ネタとなる情報が乏しくなる時期もあります。そのような時にこそ、第3章でまとめられている『記者が興味を抱くネタ』『ニュースネタ探しのキーワード32か条』は非常に参考になります。

会社の中では当たり前と思っていた事そのものがニュースネタとなったり、旬の話題に結び付けて過去の情報を活用したりと、手元にある情報を見直して切り口やネタを見つけるポイントを掴めることと思います。

また、新しい情報をまとめている時に「この情報では何か物足りない…」「この切り口で良いのだろうか?」「そもそも発表方法は、プレスリリースで良いのか?」と迷った時に、客観的に情報を精査する方法として、実践してみてはいかがでしょうか。

続いて、プレスリリース作成の基本からウェブ活用についても触れられています。今ではプレスリリース配信サービスやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用する企業も多いと思いますが、自社で情報発信できる機会(ホームページ、SNSアカウント、ブログなど)にはどんなものが活用できそうか考えてみるのも良さそうです。

本書の後半は、地方の企業にフォーカスし、その地方や業界内での知名度・イメージアップを図り、首都圏メディアへのアプローチを進める手法を学ぶことができます。さらに、地方にある中小企業が行った広報の成功例も紹介されています。継続したメディア露出のために実際に行った広報活動の記録と、それぞれ成功に繋がったポイントが明確で判りやすいです。事例企業は小売業、運送業、農業、BtoB製造業もあり、業種を問わず一読をおすすめしたい興味深い内容です。

最終章には、主要メディアの方々から広報へのアドバイスコメントも充実しています。7年前に発行された書籍のため、メディアの担当者名や連絡先など最新ではない内容もありますが、中小企業の発する情報に対してメディアがどのような視点で接しているか非常に参考になります。

特に、『小さな会社向けの企画はあるか?』という項目への回答は、各メディアの中小企業を取り上げる姿勢が判ります。ここに記載されているコーナー名などが今は変わっているものもありますが、各媒体を日々チェックすれば中小企業を取り上げている記事が多数あることでしょう。

また、「有名企業じゃないから…」「広報経験が少ないから…」と考えている方には、『小さな会社に対する基本的な考え方は?』『応援メッセージ』の項目を読み、メディアの方へアプローチする自信をつけていただくのも良いかと思います。

最後に、企業規模を問わず広報・PRが行われている昨今ですが、そもそも「社内に広報経験者が居ない」という企業は少なくありません。複数の業務と兼任で広報担当をしているケース、“ひとり広報”という言葉もあるように広報業務の相談をできる相手が社内に居ないというケースも多いのではないでしょうか。

今回紹介した書籍は、まず「何から始めればよいかわからない」という方や「どのようなアクションをすれば取材に繋がるのか」という問いに対し、適切な考え方と手順が示されています。広報をこれから始める方にも、今の広報活動を見直したい方にも大変参考になる内容かと思います。

--------------
【ベンチャー広報主催セミナーのご案内】
コロナ禍でどう変わった?
編集長 藤井涼氏が解説するCNET Japanの解体新書
https://www.v-pr.net/column/11201/

新型コロナウィルスの影響により、生活の様々な場面で大きな変革がもたらされています。CNETJapanではこの変化の中、「メディアの在り方」を意識した様々なチャレンジを実施しています。本セミナーでは、CNET Japanの編集長、藤井涼氏に登壇いただき、CNET Japanの「今」について解説いたします。

■概要
日 時:2021年1月20日(水)13:30~15:00(13:20から入室可能)
内 容:随時質問にお答えする双方向コミュニケーション型セミナー
参加費:無料
対象者:企業の広報パーソン 1~3年程度の方、スタートアップ、ベンチャー企業の経営者
会 場:オンライン(Zoom)での開催です。

セミナーの詳細・お申し込みはコチラ
https://www.v-pr.net/column/11201/

--------------
以下のコンテンツもぜひご活用ください。

■ 広報初心者のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」
 
・「スタートアップ・中小企業の広報担当者でゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

ゼロイチ広報では、こんな方々をお待ちしています!

https://v-pr.co.jp/

また、広報活動の外部委託をご検討中の方は、こちらからお問い合わせください。

https://www.v-pr.net/contact/

――――――――――――――――――――

株式会社ベンチャー広報
東京都千代田区平河町2-5-3
Nagatacho GRID
電話:03-6869-8003 fax:03-6700-8513

配信解除はこちら ⇒ 解除専用ページURL

記事一覧

【35年のベテラン広報パーソンが伝授!】新人広報パーソンのための広報いろは。~モノトレンド誌を知る~

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の三上です。 皆さんは、雑誌のジャンルとして“モノトレンド誌”をご存知でしょうか? 「モノ=物」「トレンド=潮流、流行」を意味します。今

2021年03月03日

【ベンチャー広報主催セミナー】大手経済メディアへの広報アプローチの成功手順を探る~ベンチャー・スタートアップ企業にメディアは何を期待しているか~

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社、株式会社ベンチャー広報です。 今回は、2021年3月24日(水)に開催する無料オンラインセミナーのご案内です。 【広報PR・オンラインセミ

2021年03月01日

【セミナー満員御礼】お世話になっております。ベンチャー広報の三上です。

いつもベンチャー広報のセミナーを受講頂きまして有難うございます。 ベンチャー広報・シニアPRコンサルタントの三上でございます。 2021年3月5日(金)開催予定の「月刊事業構想」セミナーにつきまして

2021年02月26日

【広報PR・おすすめの一冊】「テレビ報道記者」下川美奈・著

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の高橋です。 今回は、広報に関するおすすめ書籍をご紹介したいと思います。 書籍:『テレビ報道記者』 著書:下川美奈氏 発行元:ワック株式会社

2021年02月10日

【ベンチャー広報主催・先着50名 無料セミナー】「月刊事業構想」編集長が初登壇 ! ベンチャー・スタートアップ企業向けメディアの全貌をわかりやすく解説。~“事業構想×広報”の視点から企業広報のプロになるためのコツも伝授!!~

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社、株式会社ベンチャー広報です。 今回は、2021年3月5日(金)に開催する無料オンラインセミナーのご案内です。 先着50名のセミナーですので

2021年02月08日

新人広報パーソンのための広報いろは。~年度初めに向けての広報計画とは~

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の三上です。 年が明け、企業では4月の新年度に向けて、経営・事業計画を進めていく時期に入ります。私がコンサルをしているクライアントや新人

2021年02月03日

新人広報パーソンのための広報いろは。~媒体研究 専門メディアを知る~

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の三上です。 これまで媒体研究として、マスメディアを中心に解説してきました。今回は、業界分野に特化した専門メディアについて解説いたします

2021年01月27日

【広報PRノウハウ】広報を内製化・組織化したいときに捨て去りたい3つの思い込み

スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の島田です。 さて、当社は「ベンチャー広報」という企業名の通り、スタートアップやベンチャー企業からの引き合いが多くあります。当社のご活用を検討いただく企

2021年01月20日

年明けの今こそやろう! PR年間スケジュールの作り方(前編)-女性誌攻略のススメ!vol.13

ベンチャー・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の佐藤です。 2021年になりました。今年も、少しでもみなさんのお役に立つ情報を発信できるように、頑張っていきたいと思います。本年もどうぞよ

2021年01月13日

【申し込み締め切り 1月8日(金)】ベンチャー広報主催・無料セミナー「コロナ禍でどう変わった? 編集長 藤井涼氏が解説するCNET Japanの解体新書」

新年あけまして、おめでとうございます。 2021年も、スタートアップのためのPR会社、株式会社ベンチャー広報をどうぞよろしくお願いいたします。 今回は、本年1月20日(水)に開催する無料オンラインセ

2021年01月06日

広島県江田島市 広報PR講座/シティプロモーション“観光PR”について講義を行いました

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の三上です。 皆さん、広島県江田島市はご存知でしょうか? 瀬戸内海にある人口2万4千人ほどで、広島市内から車で約1時間30分(フェリーだ

2021年01月06日

お詫びと訂正【広報PR・おすすめの一冊】『小さな会社の広報・PRの仕事ができる本』山見博康・著

株式会社ベンチャー広報からのメールを受信された皆さま 先ほどお送りいたしましたメールにおいて件名に不備がございました。 お詫び申し上げますとともに、以下に訂正させていただきます。 <内容> メール

2020年12月23日

【ベンチャー広報主催・50名限定 無料セミナー】コロナ禍でどう変わった? 編集長 藤井涼氏が解説するCNET Japanの解体新書

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社、株式会社ベンチャー広報です。 今回は、来年2021年1月20日に開催する無料オンラインセミナーのご案内です。 50名限定セミナーのうえ、C

2020年12月23日

20 件中 1〜15 件目を表示
<<   <  1 2  >   >>