このメルマガの説明はありません。

セレクションアンドバリエーション メールマガジン

【メルマガ13号】新刊出ました!

2018年10月15日

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.1(2018年10月15日発行) -◆


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

※本メールは、セレクションアンドバリエーション株式会社代表の
平康慶浩およびスタッフたちと名刺交換させていただいた方、弊社
主催の講座にお申込みいただいた方にお送りしています。
当メールマガジンご不用の方は、メールの最下段から解除をお願い
します。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

○○ ○○ 様

霜が降りてくる季節となりました。
男性は、スーツの上着を着ることも増えたのではないでしょうか。
ノーネクタイの自由さも良かったのですが、肩にスーツの重みを感
じることで、あらためて仕事にも気合が入る気がします。
時節にあわせて気分も改めながら、日々を新しく感じていけるよう
にしたいものです。

セレクションアンドバリエーション株式会社 平康慶浩



< INDEX >

1.あしたの人事の話をしよう
~新刊出ました!~

2.制度設計のための分析講座
~【第1回】現状分析とは~

3.ワーママ目線で考える働き方改革


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

1.「あしたの人事の話をしよう」メルマガ編 
~新刊出ました!~

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このコーナーでは、セレクションアンドバリエーション 代表 平康の
ブログ「あしたの人事の話をしよう」の内容を一足早く配信します。
当記事は、メルマガ配信の1週間あとにブログでも公開されます。
----------------------------------------------------------------------

事前にあまり告知をしていなかったのですが、
8冊目になる私(平康慶浩)の新刊が書店に並びました!
 
「人生100年時代の『出世』のカラクリ」
 (日経プレミア)
 Amazonへのリンク⇒http://u0u0.net/Myfu

人生100年と言われる今の時代、日本人の働き方が、卒業→就職
→引退という「3ステップ型」から「マルチステージ型」へと大きく
変わろうとしています。
常識が変わっていく中で、私たちは仕事や会社とどうつきあっていけ
ばよいのか、ということについて、具体的な方法を示した内容です。
4年前にベストセラーになった「出世する人は人事評価を気にしない」
(Amazonへのリンク⇒http://u0u0.net/Mygi )と同様に、大阪の
紀伊國屋梅田店では、大規模に展開もしていただいています。
ぜひ皆様にもお手に取っていただければ幸いです。

ところで、この本を出すまでの裏話があります。
それは、本のタイトル。著者である私の案から始まり、出版部の編
集長や、営業の方々、大型書店の仕入れ担当の方などを交えて、侃
侃諤諤(かんかんがくがく)の議論がされました。その変遷は以下
のような感じです。

(著者案①)「人生100年という大選択時代に私たちはどう生きるか」
 ↓
(著者案②)「人生100年時代の出世戦略」
 ↓
(変遷)  「人生100年時代に僕たちはどう生きるか」
      「人生100年時代の生き方戦略」
      「我慢しない出世」
      「出世する人は100才まで考える」

そうして最終的に今のタイトルになったのです。

ちなみに、初期のまえがきも、内容が違いました。
当初案では少々きつめの内容でした。その一部をご紹介してみます。
文体は新書らしく、だ・である調です。

***********************************

昔のえらい人にはことわざ好きが多かった。
たとえば「石の上にも三年」というのは、私が社会に出た1990年代
初めくらいには当然のように言われていた。新卒で入った会社でつ
らいことがあったとしても、せめて三年はがまんしてしっかりと働
いた方が良い。そうすれば社会人としての力もつくし、悪い評判も
たたないから。そんなことを言われていた。
あるいは、上司には季節の付け届け(お中元とかお歳暮などなど)
はしっかりしろ。なにせ「長いものにはまかれろ」というくらいだ
から。会社でちゃんとすごしたければ上司には礼儀をつくしなさい、
とか。
 
昔はある意味で正直な時代でもあった。出世するためには「上司に
媚びを売れ」と堂々と言われていた。その一方で「できる男は多く
を語らない」とも言われていた。
社会的な成功と生き様の美学とが並列で語られていて、それらが相
容れない時代でもあった。

言い換えるなら、「仕事ができる」ということの意味が希薄だった
時代だ。

しかしいまどきは、上司にこびへつらい出世するなんてありえない。
もちろん感情的にはそういう面もあるだろうけれど、そもそも前提
が違う。
いまどきは「出世するほどに忙しくなる」からだ。
責任も重くなる。
それに対して2000年よりも前の時代は、出世すれば部下に仕事を押
し付けてサボることもゆるされていた。私のクライアントで、昔を
懐かしんでそういう話をする60代前後の方もいる。「私が若いころ
には出世すれば楽ができると思っていましたよ。けれどもどんどん
忙しくなる一方でしたね」そう笑えるのは一流企業で役付役員にま
で出世した実績があるからなのだけれど。

要は、こびへつらって出世しても、実力がなければすぐに居場所を
失う時代だ。
 
また、昭和の映画スターのように背中で語る男であればよいのか、
というとそうでもない。なぜならそういう「できる人」たちはコミ
ュニケーションをしないので、そもそも部下を育てたりチームに貢
献したりしないからだ。あくまでも個人での成果のみを重視する人
たちだ。そしてこのようなスタイルもやはりいまどきではない。
複雑で多様化している時代に個人でできることはたかが知れている。
チームで行動できない人にやはり居場所はない。

***********************************

で、最終版ではどういうまえがきになったのか。
それはぜひ手に取って読んでみてください。



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2.制度設計のための分析講座
~【第1回】現状分析とは~

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このコーナーでは、自社で人事制度を設計するために必要な現状分
析について、進め方や具体的な手法を弊社コンサルタントが解説し
ます。

----------------------------------------------------------------------

今回から、人事制度構築・改定を進める前段階である「現状分析」
の進め方や、具体的な方法を紹介します。第1回目は、「現状分析
とは」について解説します。

1.現状分析とは
何か実現したい目的があるために、人事制度の構築・改定を検討し
ている企業は多いものです。例えば、「増えすぎた人件費をコント
ロールしたい」「実力に応じた報酬体系にしたい」「シニア社員を
活性化したい」等です。このようなことを実現するために、人事制
度を検討します。
ただしその前に以下のことを把握する必要があります。

①自社の現状はどうなっているのか
②そもそもどのような問題が発生しているのか
③このまま放置しておくと、どのようなリスクがあるのか

現状分析とは、これらを把握する手法の一つです。


2.現状分析をするうえで重要なこと
経営者の方でも、現状を「感覚」で捉えている人が少なくありませ
ん。例えば、「人件費が高くなっているような気がする・・・」
「賃金水準が同業他社より低いような気がする・・・」等の感覚や
主観です。現状分析を行う際、このような感覚や主観ではなく、定
量的・客観的に現状を把握することが重要です。そのために、総額
人件費や社員数等の数値化・定量化できるデータを活用します。現
状を客観化することによって、

①課題認識がブレない
②意思決定のスピード・質が上がる
③優先順位を正しくつけることができる

等のメリットがあり、より効率的・効果的に改善策を実行できるよ
うになります。

人事制度を構築・改定するために、まずは正しく現状を把握するこ
とが何よりも重要です。

次回は、「現状分析の観点」について紹介します。



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

3.ワーママ目線で考える働き方改革

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このコーナーでは、ワーキングマザーであるアソシエイトコンサルタ
ントの太田が、ワーママ目線で働き方改革について考えていきます。
----------------------------------------------------------------------

働き方改革では、出産や育児による離職者の就業率を上げるために、
リカレント教育など、女性の個人の学び直しへの支援が掲げられて
います。
総務省の調査によると、女性の無業者283万人のうち就業希望者は
170万人にのぼります。また、育児中の無業女性に占める就業希望
者の割合は30歳以上の全年代で5割を超えており、育児と仕事を両
立できない女性が多いということがわかります。

私自身も出産直前に会社を辞めたことで、キャリアにブランクがで
きてしまいました。その結果、産後落ち着いたころに働きたいと思
ってもなかなか採用してもらえず、すぐに働けなかった経験があり
ます。同じような経験がある女性も多いのではないでしょうか。
このようなときに活用できるのがリカレント教育です。リカレント
教育によって、ブランク期間中に知識やスキルを習得することがで
きます。スキルアップできると自分が希望する会社で働ける可能性
が高くなりますし、自分のスキルに自身が持てるようになります。
こうしたスキルアップを支援するために、政府では給付金による助
成などの制度の拡充を進めており、よりリカレント教育を受けやす
くなってきています。

人生100年時代を迎えるに当たり、皆さまもぜひリカレント教育に
よるスキルアップを検討してみてはいかがでしょうか。




◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
セレクションアンドバリエーション株式会社 
メルマガ(2018年10月15日配信)

発行元:セクションアンドバリエーション株式会社
  (東京オフィス)
    東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山1403
  (大阪オフィス)
    大阪市西区京町堀1-4-9 京町橋八千代ビル3階
    http://www.sele-vari.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご感想は info@sele-vari.co.jp までご連絡ください。
皆さまのご意見・ご感想お待ちしています。

※ 配信停止希望の方はこちらからお手続きをお願いします。
解除専用ページURL

記事一覧

【メルマガ17号】タレント・マネジメントの本質は人が辞める前提

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.17(2018年12月10日発行) -◆ □■□3都市開催『働き方改革に対応する人事制度セミナー』のご案内□■□   

2018年12月10日

【メルマガ16号】群れなくなった私たち

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.16(2018年11月27日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メー

2018年11月27日

【メルマガ15号】「できる限り最高のもの」を求める社風の是非

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.15(2018年11月12日発行) -◆

2018年11月12日

【メルマガ14号】話の前提がそろっていないとすごくもやもやする

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.14(2018年10月29日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メー

2018年10月29日

【メルマガ13号】新刊出ました!

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.1(2018年10月15日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メール

2018年10月15日

【メルマガ12号】新人育成プログラム、はじめました

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.12(2018年10月1日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メール

2018年10月01日

【メルマガ11号】やるべきことを足すよりもやらないことを引く方がいい

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.11(2018年9月18日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メール

2018年09月18日

「卵とバスケット」は働き方の指針にもなってゆくかも

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.10(2018年9月3日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メールは

2018年09月03日

(再送)ベンチャー企業の組織と人事のあり方

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.9(2018年8月20日発行) -◆ 先ほど同内容のメルマガを配信いたしましたが、一部リンクに不具合が あったため再送い

2018年08月20日

ベンチャー企業の組織と人事のあり方

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.9(2018年8月20日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メールは

2018年08月20日

大廃業時代は投資ができない「PL脳」が原因

◆- Selection and Variationメールマガジン vol.8(2018年8月6日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メールは、

2018年08月06日

ついついはまってしまう人事のワナとは?

◆- Selection and Variationメールマガジン(2018年7月23日発行) -◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ※本メールは、セレ

2018年07月23日

【メルマガ第6号】「論理力」についての記事を更新しました

◆- Selection and Variationメールマガジン「 第6号  」 -◆   (2018年4月3日発行) ◆━

2018年04月03日

【メルマガ第5号】ホームページで弊社事例をご紹介しています

◆- Selection and Variationメールマガジン「 第5号  」 -◆ (2018年3月27日発行) ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

2018年03月27日

【メルマガ第4号】気になるアンケート1位は「若手社員の戦力化」。2位は?

◆---------------------- Selection and Variationメールマガジン「 第4号 」 ------------------------------◆

2017年11月13日

16 件中 1〜15 件目を表示
<<   <  1 2  >   >>