スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

[野澤直人のゲリラ広報]

[野澤直人のゲリラ広報]広報なら知っておくべき「日経新聞の闇」

2020年07月31日

お世話になっております。

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。

「朝日新聞社の黒歴史」に続く、マスコミ黒歴史シリーズの第二弾をお送りします。

私たち広報担当者・PRパーソンには、仕事の特性上、マスコミに対する深い理解と高いメディアリテラシーが必要です。社会に対する影響力が大きい主要な媒体については、表だけではなく裏側も知っておくべきでしょう。その知識があるかないかで、記者や編集者とのコミュニケーションの取り方も変わってきます。

日本経済新聞社のWikipediaには「事件・不祥事」という項目があります。1分でチェックできますので、目を通してみてください。中でも重要なのは、1988年のリクルートコスモス未公開株関連で森田康社長が辞任した事件と、2003年の関連子会社「TCワークス」に絡む不正経理・手形濫発事件の二つです。

高杉良というビジネスマン小説の巨匠がいます。実在の企業を舞台にした面白い小説を書く方です。映画化された『金融腐蝕列島』シリーズが有名ですね。ワタミ創業者の渡邉美樹社長が実名で登場する『青年社長』(高杉良・著)は、昔、僕も夢中になって読みました。

2004年、高杉良氏は日本経済新聞社をモデルに『乱気流』という小説を書いています。前述の日経の不祥事含め社長の愛人問題まで含めて赤裸々に書いたため、当時の日経新聞社長・鶴田卓彦氏から訴訟を起こされたという問題作。この作品は小説なので、事実をベースにしているもののあくまでもフィクションでありエンターティンメントです。登場人物も実名ではありません。

ところがその後、2005年に、小説『乱気流』に登場する実在の日経新聞記者・大塚将司氏が、『乱気流』に書いている内容をノンフィクションとして出版したのです。

あの時、日経新聞の社内ではいったい何が起きていたのか。『日経新聞の黒い霧』というその書籍では、元日経のエース記者である大塚氏の視点から、日本経済新聞社の闇が事実として語られます。登場人物は全て実名、実在の肩書きです。

この本を読むと日経新聞の組織のあり方や社風から、記者、キャップ、デスク(次長)、部長の役割の違い、現場の記者の日々の仕事ぶりまでリアルに伝わるので、広報担当者にとって大変勉強になります。

『乱気流』と『日経新聞の黒い霧』を読み比べてみてください。面白さが倍増します。

大塚氏が書いた『スクープ 記者と企業の攻防戦』という本もおすすめです。


◆ ベンチャー広報・社長ブログ[野澤直人のゲリラ広報]

 https://www.v-pr.net/ceoblog/


--------------
 

[ゼロイチ広報]も、ぜひ広報スキルのレベルアップにご活用ください。

◆ 広報初心者のためのオンラインサロン[ゼロイチ広報]
 
・「スタートアップ・中小企業の広報担当者でゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

ゼロイチ広報では、こんな方をお待ちしています!

申し込み・詳細はこちら:https://v-pr.co.jp/

また、広報活動の外部委託をご検討中の方は、こちらからお問い合わせください:https://www.v-pr.net/contact/

――――――――――――――――――――

株式会社ベンチャー広報
代表取締役 野澤直人
東京都千代田区平河町2-5-3
Nagatacho GRID
電話:03-6869-8003 fax:03-6700-8513

配信解除はこちら ⇒ 解除専用ページURL

記事一覧

DX時代の広報とは[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 2020年は新型コロナウイルスの感染が猛威をふるった一方で、あらゆる業種・業界でDX(デジタルトランスフォーメーシ

2021年01月15日

芸能人を招いての記者発表会に疑問あり。[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 企業の記者発表をテレビで報道してもらうひとつの手段として、「芸能人・タレントを使う」という手法があります。 たしか

2020年12月18日

広報キャリアの出口戦略[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 今回は広報としての戦略的キャリア形成論・第3弾。 <ホームページで、この続きを読む方>はコチラ。 ⇒https:

2020年12月04日

「ニュース」とは何か?[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 「ニュース」とは何か。このシンプルな問いにあなたならどう答えますか? 広報活動がうまくいかない大きな理由のひとつ

2020年11月20日

ゼロイチ広報・1周年[野澤直人のゲリラ広報]

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 2019年10月にスタートした広報担当者のためのオンラインサロン 「ゼロイチ広報」(h

2020年11月06日

関係者が証言する「ここがダメだよPR会社」[野澤直人のゲリラ広報]

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 今回は業界関係者の証言をもとに、普段はあまり表に出てこないPR会社に関する業界裏話をご

2020年10月23日

上場企業・大企業で広報として働くことのメリデメ[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 今回は2020年7月3日に投稿した「PRパーソンの戦略的キャリア形成論」の続編です。 https://www.v-

2020年10月09日

広報としての正しい熱意の表し方[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 広報担当者の重要な仕事のひとつは、記者・編集者・TVディレクターなど、マスコミの中の人を口説いて、自分の会社を取材

2020年09月25日

小池都知事の記者選別を反面教師に[野澤直人のゲリラ広報]

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 マスコミ対応の基本として「全てのメディアに平等・公正な姿勢で接する」「メディア差別をしない」という

2020年09月11日

広報が自らトレンドを作り出すには

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 先日放送されたTBSテレビ『王様のブランチ』の中で、当社が広報PRをお手伝いした企業が、2社同時に

2020年08月28日

新聞記者・雑誌編集者のネットメディアへの大移動

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 ここ数年、記者・編集者が、レガシーな新聞や雑誌からネットメディアへ移籍・転職するという現象がマスコ

2020年08月14日

[野澤直人のゲリラ広報]広報なら知っておくべき「日経新聞の闇」

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 「朝日新聞社の黒歴史」に続く、マスコミ黒歴史シリーズの第二弾をお送りします。 私たち広報担当者・

2020年07月31日

[野澤直人のゲリラ広報]withコロナ時代の広報。変わること・変わらないこと

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 最近、「withコロナで広報はどう変わりますか」というご質問をよく頂きますが、私は、withコロナ

2020年07月17日

[野澤直人のゲリラ広報]PRパーソンの戦略的キャリア形成論

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 僕は広報の仕事が大好きです。 マスコミを通じて社会に影響力を行使でき、知的で奥深い。こんな魅力的な

2020年07月03日

[野澤直人のゲリラ広報]PRパーソン・小池百合子氏に学ぶ

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 先月出版された『女帝 小池百合子』(石井妙子・著)が話題ですね。 現在、アマゾンの本

2020年06月19日

28 件中 1〜15 件目を表示
<<   <  1 2  >   >>