スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

[野澤直人のゲリラ広報]

DX時代の広報とは[野澤直人のゲリラ広報]

2021年01月15日

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

2020年は新型コロナウイルスの感染が猛威をふるった一方で、あらゆる業種・業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)が大きく進んだ一年でもありました。

コロナ問題は2021年もしばらく続くかもしれません。でも3年後にはおさまっているでしょう。しかし、DXは今後も間違いなく進みます。企業の広報担当者として、DXにどう対応していくのか。これはご自身が所属する会社にとっても、広報としてのご自身のキャリアにとっても重要です。

広報PRのDXというと、メール配信ツール、SNS運用ツール、CRM(顧客関係管理)、マーケティングオートメーションなどのデジタルツールを活用して広報活動をすることだと思うかもしれませんが、それは本質ではありません。

DX時代の広報について、「媒体」「情報の内容」「コミュニケーション」の3つの点から、私なりに考察してみたいと思います。

【1】「媒体」
数年後には、新聞、雑誌、テレビ、ラジオという4マス媒体=マスコミに詳しいだけでは、企業の広報担当はつとまらなくなる可能性があります。DX時代には、マスコミと同じかそれ以上に、ネットメディアを活用した広報活動が重要になるからです。

そのためにまずやるべきは、ネットメディアを調査分析してその理解を深めること。マスコミ広報と同様に、媒体についての深い知見がなければ、適切な広報活動はできないからです。「ネットメディア」と一口に言っても、多種多様な媒体があります。これを広報活動ができるレベルで網羅的・体系的に理解しなくてはなりません。

例えば、2020年11月に弊社が開催したオンラインセミナーにおいて、NewsPicks・金泉前編集長はネットメディアを以下のように整理されていました。大変参考になりますので、以下に引用します。

・インフルエンサー(SNS、インスタグラマー、ユーチューバー、ブロガー等)
・デジタルメディア(BuzzFeed、ハフィントンポスト、ビジネスインサイダージャパン等)
・レガシー系デジタル(朝日新聞デジタル、東洋経済オンライン等)
・アグリゲーター(Yahooニュース、スマートニュース等)

※補足:金泉前編集長の解説では、NewsPicksは上記の4つの要素を包括している媒体であるとのことです。

【2】「情報の内容」
次はWHAT(伝える情報の内容)についてです。マスコミ(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)を活用した広報活動をする上では、マスコミが報道する価値を感じる情報=ニュースバリューのある情報を広報担当者が適切に作れるかが重要でした。

ネットメディアに対しても、媒体側がどんな情報を求めているかを理解し、それに合わせて情報(コンテンツ)を作る、という基本原則は同じです。

ただし、ネットメディアについては大きく「オンラインメディア」と「インフルエンサー」の2つに分けて考える必要があります。先のNewsPicks・金泉前編集長の定義にあてはめると「オンラインメディア」は以下の3つになります。

・デジタルメディア(BuzzFeed、ハフィントンポスト、ビジネスインサイダージャパン等)
・レガシー系デジタル(朝日新聞デジタル、東洋経済オンライン等)
・アグリゲーター(Yahooニュース、スマートニュース等)

これらの媒体が求める情報は、基本的にマスコミが求めるものと同じと考えていいでしょう。なぜなら、レガシー系デジタルとアグリゲーターが掲載するコンテンツはマスコミ報道が元ネタですし、デジタルメディアの中の人(記者・編集者)の大半は、新聞社・雑誌社からの移籍組だからです。従って、「オンラインメディア」については、情報(コンテンツ)作りにおいてマスコミ広報で培った知見が十分活用できます。

一方、インフルエンサー(SNS、インスタグラマー、ユーチューバー、ブロガーなど)には異なるアプローチが必要です。彼らはマスコミが求めるニュースバリュー・報道価値とは全く違った基準で情報を探しています。当然、マスコミ向けに作成したプレスリリースを、そのままインフルエンサーに提供しても無意味です。インフルエンサーを使った広報活動をするなら、そこに最適化した情報の作り込みが必要になります。

【3】「コミュニケーション」
最後にHOW(情報の伝え方)についてです。過去数十年間、広報活動におけるコミュニケーションの4大手法は、FAX、郵便、電話、面会(メディアキャラバン・会食等)でした。これが昨年くらいから、コロナ拡大+DX推進によって、大きく変わりつつあります。

メディア関係者も在宅勤務が増えていますので、FAX・郵便でプレスリリースを送っても見てもらいづらいですし、会社に電話をかけてもつながりません。コロナ感染対策のためメディアキャラバン、取材、記者会見もオンラインで実施することが増えています。

これからは、メール、チャット、メッセンジャー、LINE、Zoomなどを活用して上手にコミュニケーションを取れることが、優秀な広報担当者の必須条件になるでしょう。こうしたオンラインツールはパーソナルな性質が強く、個人対個人のコミュニケーションが基本になります。知らない人からの情報は受け取らないため、プレスリリースの一斉配信のような不特定多数とのコミュニケーションはあまり機能しなくなるでしょう。

記者、編集者、テレビのディレクター、ネットメディアのライターからインフルエンサーに至るまで、広報担当者としてワン・ツー・ワンで個別にコミュニケーションを取れる人が何人いるか。DX時代だからこそ、それが今まで以上に重要になってくるはずです。

こうして考察してみると、DX時代においても広報活動の本質は変わらないことがわかります。「媒体についてしっかり調査分析し」「その媒体が求める情報を作り込み」「ワン・ツー・ワンで個別に提供する」。結局、やるべきことはこの3つですから。

ただし、広報担当者としてDX時代に適応するためには、マスコミ広報の知見をベースにしつつ、オンラインメディアやインフルエンサーなど、自社の広報活動に有効な新しい媒体とのつながりを増やす努力が不可欠です。

◆ このコンテンツは、Webサイトでもご覧になれます。
https://www.v-pr.net/column/11267/

◆ ベンチャー広報・社長ブログ[野澤直人のゲリラ広報]
https://www.v-pr.net/ceoblog/

--------------
【あなたは「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?】

・スタートアップ・中小企業の広報担当者で、実践的な広報PRをゼロから学びたいが、専門スキルを持った相談相手が、身近にいない…。
・広報担当は会社でたった一人なので、広報担当同士で横のつながりが欲しいが、なかなか交流の場がない…。
・PRパーソンとして、独立や転職を考えているが、今の自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決する
広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

詳しくはコチラ。
https://v-pr.co.jp/

また、広報活動の外部委託をご検討中の方は、こちらからお問い合わせください。
https://www.v-pr.net/contact/

――――――――――――――――――――

株式会社ベンチャー広報
代表取締役 野澤直人
東京都千代田区平河町2-5-3
Nagatacho GRID
電話:03-6869-8003 fax:03-6700-8513

配信解除はこちら ⇒ 解除専用ページURL

記事一覧

PR会社に完全成果報酬で発注してはいけない、3つの理由。[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 私が以前、事業会社で社員として広報を担当していたとき、どうしてもテレビから取材されたくて、あるPR会社さんに完全成

2021年02月26日

『東スポ』記事のニュースバリューを分析してみた![野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 昨年末、『東スポWeb』で興味深い報道がありましたね。このネタがなぜ記事になったのか、そのニュースバリュー(報道価

2021年02月12日

スタートアップが「記者発表」を成功させる3つのポイント[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 先日、あるスタートアップの記者発表をお手伝いする機会がありました。創業からまだ1年程度、社員数名の若い会社でしたが

2021年01月29日

DX時代の広報とは[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 2020年は新型コロナウイルスの感染が猛威をふるった一方で、あらゆる業種・業界でDX(デジタルトランスフォーメーシ

2021年01月15日

芸能人を招いての記者発表会に疑問あり。[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 企業の記者発表をテレビで報道してもらうひとつの手段として、「芸能人・タレントを使う」という手法があります。 たしか

2020年12月18日

広報キャリアの出口戦略[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 今回は広報としての戦略的キャリア形成論・第3弾。 <ホームページで、この続きを読む方>はコチラ。 ⇒https:

2020年12月04日

「ニュース」とは何か?[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 「ニュース」とは何か。このシンプルな問いにあなたならどう答えますか? 広報活動がうまくいかない大きな理由のひとつ

2020年11月20日

ゼロイチ広報・1周年[野澤直人のゲリラ広報]

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 2019年10月にスタートした広報担当者のためのオンラインサロン 「ゼロイチ広報」(h

2020年11月06日

関係者が証言する「ここがダメだよPR会社」[野澤直人のゲリラ広報]

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 今回は業界関係者の証言をもとに、普段はあまり表に出てこないPR会社に関する業界裏話をご

2020年10月23日

上場企業・大企業で広報として働くことのメリデメ[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 今回は2020年7月3日に投稿した「PRパーソンの戦略的キャリア形成論」の続編です。 https://www.v-

2020年10月09日

広報としての正しい熱意の表し方[野澤直人のゲリラ広報]

スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。 広報担当者の重要な仕事のひとつは、記者・編集者・TVディレクターなど、マスコミの中の人を口説いて、自分の会社を取材

2020年09月25日

小池都知事の記者選別を反面教師に[野澤直人のゲリラ広報]

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 マスコミ対応の基本として「全てのメディアに平等・公正な姿勢で接する」「メディア差別をしない」という

2020年09月11日

広報が自らトレンドを作り出すには

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 先日放送されたTBSテレビ『王様のブランチ』の中で、当社が広報PRをお手伝いした企業が、2社同時に

2020年08月28日

新聞記者・雑誌編集者のネットメディアへの大移動

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 ここ数年、記者・編集者が、レガシーな新聞や雑誌からネットメディアへ移籍・転職するという現象がマスコ

2020年08月14日

[野澤直人のゲリラ広報]広報なら知っておくべき「日経新聞の闇」

お世話になっております。 スタートアップのためのPR会社 株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。 「朝日新聞社の黒歴史」に続く、マスコミ黒歴史シリーズの第二弾をお送りします。 私たち広報担当者・

2020年07月31日

31 件中 1〜15 件目を表示
<<   <  1 2 3  >   >>