税理士 神佐真由美が毎週発信する、会社経営や、家庭経営、そして、人生の経営にちょっと役立つメルマガです。 税務や会計を中心に、日々の仕事での気づきを混ぜながら。

税理士かんざまゆみ 会社・家庭・人生経営に役立つメルマガ

第44号★老後2,000万円のホントのとこ/男性の育児休業の助成金/探究学舎オンラインがすごい 税理士 神佐真由美

2019年06月15日

こんにちは!税理士の神佐真由美です。

今日はしっとり雨模様。強風にもご注意下さいね。

本日のメルマガの内容です。
-----------------------------------------------
1.老後2,000万円っていうけど本当のところは?
2.男性の育児休業でもらえる両立支援等助成金
3.セミナー情報
4.活動日記 探究学舎のオンライン授業がすごい
-----------------------------------------------

1.老後2,000万円っていうけど本当のところは?


金融庁が発表した「老後2,000万円必要」報告書。

今年の流行語大賞の候補に「老後2,000万円」にノミネートされるんじゃないかというくらい、

炎上していますね。


さらには、麻生大臣が「受け取らない」と言って、なかったことに。

野党は「100年安心って言ってたじゃないか、うそつき!」といって

選挙の争点にするとか?

国民は本当のことを知りたいだけなのに、それには応えず、


選挙のことしか考えてないのかな・・・と思ってしまいます。



そもそも「老後2,000万円必要」報告書ってなんだったのでしょうか。



正式名称は、「高齢社会における資産形成・管理」報告書。

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603.html



「2,000万円」という表現は、ここにある「別紙1」の21ページにあります。

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf


この報告書は、

・高齢社会を取り巻く環境変化についての現状整理をしたうえで、

・高齢社会における金融サービスに関して、個々人及び金融サービス提供者の双方が共に認識することが望ましい事項

を、あくまで現実的にまとめた資料なんだと思っています。



2,000万円という数字は、


夫 65 歳以上、妻 60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯では、年金収入20万円に対して、

支出が25万円のため毎月の不足額の平均は約5万円

まだ20~30 年の人生があるとすれ ば、不足額の総額は単純計算で 1,300 万円~2,000 万円

と算出されたものになります。



これは、世帯構成やライフスタイル、持ち家か賃貸か、現状の資産状況などにより、人によって異なります。

自分ごととして、考えてみることが必要ですよ、若いときなら、資産形成方法を早めに考えましょうね。

ということを言いたかったのだと思います。

そして、金融機関側にも、お客様の資産形成を考えて、コンサルティングをしましょう、という方向性も

示したかったのではないかと思います。


老後に備えて2,000万円必要ということについて、

私は、正直「えっ 2,000万円でいいの?」と思いました。

もっと必要だと思っていたからです。

要介護状態になり、有料老人ホームに住まうのにかかる費用は、たいてい1人で20万円を超えてしまうと思います。

この2,000万円には、通常の生活費用だけであって、介護費用は入っていないのですよね。



今回の炎上をきっかけに、多くの人が「自分の場合どうなんだろう?」と考えることになるといいなと思います。

少子高齢化と言われて久しく、今の現役世代で今の高齢者を支える仕組みになっている以上、

既に見えた未来として、年金額は減っていきます。

自分の場合はどうだろう?と考えてから、取りうる選択肢を選びとっていくことが必要だと思います。


さくっとですが、このように考えてはどうかと思います。


1)まずは、必要額を計算しましょう


本当に私たちは100歳まで生きるのか??


これはわかりませんが、平均余命という考え方では、

男性で80歳まで生きた人は89歳

女性で80歳まで生きた人は92歳

まで平均的に生きるとされています。


となると、平均寿命で計算するとちょっと足りないですね。

100年で試算するのは大げさではないかもしれません。


試算には、FP協会の家計のキャッシュフロー表が使いやすいと思います。

https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/

下のほうにあります。

Excelをコピーで右に延ばして20年後以後も試算するとよいですね。



2)老後の所得を計算する

ねんきん定期便で、今のところでもらえる年金がわかります。

(今のところで、ですが)


それから、今、小規模企業共済やiDeCo、個人年金を掛けているのであれば、

その積立額も試算しましょう。



3)不足金額を把握する


必要金額から老後の所得を差し引くと算出できますね。

ここで不足が出たら、「こんなに!?」とショックかもしれません・・・。

でも、補う手段はいくつもあるはず。

ここをちゃんと考えましょう!というのが、今回の報告書の真意のはず。



4)どうやって補うのかを考える


じゃあどうするか?

基本的には、WPPです。

W → Work Longer 長く働く

P → Private Pension 自分で創る年金

P → Public Pension 公的年金


後者のP 公的年金は、長生きリスクに備えるための保険のようなものかなと思います。

基本的には、W と 前者の P で備えることなんだろうと思います。


P の方法はいくつかあって、

・小規模企業共済(入れる方にはおすすめしてます)

・確定拠出年金iDeCo

※こちらのブログでも詳述しています。
 https://ameblo.jp/mayumikanza/entry-12373184883.html?frm=theme

※国民年金基金はおすすめしてません(;^_^A・・・

・確定年金・終身年金がある生命保険を活用する


ちなみに、私はどれも実行中です。

iDeCoは新卒で入った会社で、全員が入るようになっていました(よく覚えていない)

今では少しずつでも、掛けておいてよかったな~って思います。


難易度は上がりますが、

・配当金収入をつくれるような投資をする

・不動産投資をする(デフレ社会ではどうなのか?と思いますが)

などなど

どのくらい対策が必要かがわかれば、方法が見えてきますね。


・いま、節約する、固定費を減らす

というのも有効な対策かもしれませんね。



若いときから老後のことを考えて貯蓄って

私たちはいつ「いま」を生きるのだろうと思う気持ちもあります。


準備が必要なのは、大きな改革がない限り、変わりません。


試算してみないと、「なんとなく不安」が付きまといますが、

試算してみると、どうしたらいいのかを具体的に考えることができます。

具体的に考えることができれば、不安が行動にかわり、

「いま」を生きることにつながります。


老後2000万円問題をきっかけに、

「じゃあ自分はどうするのか?」

「どんなライフスタイルがいいのか?」

を考えるきっかけになるといいなと思います。

世の中の仕組みをどう変えたらいいかも含めて。



もしわかりにくいところなどありましたら、

おっしゃってくださいね(^▽^)



2.男性社員が育児休業をとるともらえる助成金


男性の育児休業、ときどき話題になりますね。

まだまだ低い取得率ですが、

制度を整備したうえで育児休業を取るともらえる助成金があります。


社会保険労務士の森本小百合先生による動画解説です。(3分くらい)

知って得する助成金<男性の育児休業>
https://m.youtube.com/watch?v=Pch1gGQBf9I&feature=youtu.be

こういう「ちょっとした疑問」にお答えできる短い動画を、

一般社団法人ユアーズファンナップの講師陣で

作成しています。(私もときどき登場)


経営や人事、会計や税務のちょっとした疑問に短い動画で答えて、

素早く解決!中小企業の生産性向上に貢献していきます。


LINE@で最新動画をお知らせしています。見逃したくない方はこちらへどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40ofc5222k



3.セミナー情報

★大阪産業創造館様で、決算書の基礎&応用のセミナーをさせて頂くことになりました!

7月17日(水)13:30~16:00 基礎編
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=28162

8月27日(火)13:30~16:00 応用編
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=28163

9月には資金繰りの基礎講座、10月は資金繰り表作成ワークショップの予定です。



★8月6日~11日 第20回 房仙会書道展
(11時~19時 8/10(土)は18時まで、最終日は17時まで)
会場:東京鳩居堂 銀座本店
https://www.facebook.com/events/448490679282489/
まさかの出展をします!
お近くの方は見にいらしてください。


4.活動日記 探究学舎のオンライン授業がすごい


探究学舎ってご存知ですか?

教えない塾、探求塾として、3月に情熱大陸に登場して以来、

大人気な東京三鷹にある塾です。


ここのオンライン探究<宇宙編>を、この1カ月半、子どもたちと受講していました。

オンラインだし、飽きちゃうんじゃないかな~と思っていたのですが、

1時間飽きずに、しかも楽しく受講できました。


ZOOMとクイズを使って、子どもたちも臨場感たっぷりに授業に参加できるしくみです。

探究学習@オンライン
https://tanqgakusha.jp/join/online/


すごいな~!と思うのは、

オンラインの授業であっても参加型であること

授業と授業の間には、「ミッション」という謎解きがあります。

謎解きbookで謎を解いて、その答えをLINEに送ると、次の動画が送られてきて、次なるミッションが・・・


授業も楽しいし、その間も楽しく探究しながら、いつのまにか宇宙に興味が断然沸いている。

子どもも大人も気が付いたら夢中になっている。

テクノロジーの進化もさることながら、

良く考え抜かれたしくみを創っているなぁって感心しました。


気になるお値段は・・・

6回の授業+6回のミッション で 15,000円(きょうだい一緒に受講してもOk)。

最大1,000人まで受講できるようです。(わお!)


海外から受講している方もいらっしゃいました。

なんか、場所とか関係なくなってきましたね。

おもしろくなってきましたよ。

そういう意味でも注目している探究学舎さんをご紹介しました。



今日のメルマガは、以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。


良き週末をお過ごしくださいね。

  神佐 真由美

このメルマガの内容の転載は、大歓迎です。


このメルマガをおすすめされたい方がいらっしゃいましたら
こちらのURLをご紹介ください。
登録専用ページURL

バックナンバーはこちらからお読み頂けます!
https://mail.os7.biz/b/JaJ8

メルマガの購読をやめたいときは、こちらから停止手続をお願い致します。
解除専用ページURL

記事一覧

第246号★ものづくり企業における重要なレポートが経産省から発表されています/生産現場をカイゼンする「管理会計」/「学んだ」「理解した」と「知恵として使える」は全然違う【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2024年07月08日

第245号★帳簿をスマートに付けて、変化に気づき、これからの経営に活かす会計の時代です/きみのお金は誰のため「お金の謎」と「社会のしくみ」/時代は変わった、そういう時代じゃない【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2024年07月01日

第244号★お客様に思い出してもらえたらお買い上げ?思い浮かべる確率と、実際に購入してもらえる確率の違いとは/”未”顧客理解 なぜ「買ってくれる人=顧客」しか見ないのか?/定額減税始まります!【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2024年06月03日

第243号★知ってる?覚えてる?思い出せる?~コーヒーのサブスク体験から~/頭の”よはく”のつくり方/習慣が自分をつくる メッセンジャーダイエットの話【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2024年05月30日

第242号★【一読をおすすめ】ほかの会社はどうなの?どんなことしてるの?に応える中小企業白書/僕たちはまだ、インフレのことを何も知らない/コツコツと生産性を上げるコツ【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年05月13日

第241号★GW明けたら定額減税:5月中にこれをやっておきましょうリスト/もう来ていいよ能登 GWは能登に帰省してきました!【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年05月07日

第240号★インボイスの次はコレですか!?定額減税 対応のミソ/おすすめ書籍はお休み/おかげさまで今年も書道展に出展できました!能登はやさしや土までも【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年04月30日

第239号★保証料率の上乗せにより経営者保証を提供しないことを選択できる信用保証制度等が開始されました/罰ゲーム化する管理職/見守ってくださる方のいるありがたさ【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年04月15日

第238号★9名の組織で5人のリーダー!?前に進むために取り組んでいること/女は覚悟を決めなさい/同業でノウハウを公開する理由【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年04月08日

第237号★今年度の目玉!?ビジネスチャンスも?新しいタイプの補助金:中小企業省力化投資補助金/自分の小さな「箱」から脱出する方法/見る世界が狭まっていないか?【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年04月02日

第236号★令和6年の賃上げを支える施策~減税制度・補助金・助成金など~/数値化の魔力/改めて中小企業の金融について学ぶ・・・発信することの大切さ【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年03月21日

第235号★脱炭素の取組をしているかどうかが融資の審査に影響する日が来る?/ストレスフリーの人がやっているポジティブ・フレーズ言いかえ事典/20数年ぶりのラクロス【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年03月11日

第234号★それは今日の主力製品ですか?ドラッカー先生の11の製品分析と会計データ/人望が集まるリーダーの話し方/大阪マラソン2024の結果と振り返り【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年03月05日

第233号★大卒求人倍率は1.71倍!採用難度は上昇傾向/なぜ「若手を育てる」のは今、こんなに難しいのか/大阪マラソン2024に挑戦します!【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年02月22日

第232号★この事業投資はすべきかどうか?の判断基準と優先順位のポイント/世界は経営でできている/手段が目的化しないように【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年02月13日

246 件中 1〜15 件目を表示
<<   <  1 2 3 4 5  >   >>