税理士 神佐真由美が毎週発信する、会社経営や、家庭経営、そして、人生の経営にちょっと役立つメルマガです。 税務や会計を中心に、日々の仕事での気づきを混ぜながら。

税理士かんざまゆみ 会社・家庭・人生経営に役立つメルマガ

第216号★経営者もピンと来て、社員も育つ効果的な業績管理って?/教養を磨く/インボイス対応準備な9月【税理士 神佐真由美】

2023年09月04日

こんにちは!税理士の神佐真由美です。
今日もご開封いただき、ありがとうございます。

本日のメルマガの内容です。

-----------------------------------------------

1.経営者もピンと来て、社員も育つ効果的な業績管理って?
2.現在&これから公募の補助金/融資制度
3.おすすめ書籍  教養を磨く
4.セミナー情報&イベント情報
5.活動日記 インボイス対応準備な9月

-----------------------------------------------



1.経営者もピンと来て、社員も育つ効果的な業績管理って?



ありがたいことに、

情報誌 戦略経営者8月号にお客様と一緒に掲載いただきました!

ニューワンズ株式会社 様 システム活用事例
https://www.tkc.jp/fx4/case/202308_01/


掲載いただいたニューワンズ株式会社様は、

滋賀県大津市を中心に「認知症を“希望"に変える」をビジョンに、

デイサービスや、居宅支援事業所、訪問看護ステーションや、グループホームなど、

多彩な介護サービスを展開しておられます。


15年前に社長がたった1人で立ち上げられた会社ですが、

今では160人を超える従業員さんがいらっしゃいます。


業種や運営形態にもよりますが、

組織がだいたい20人~30人を超えてくると、経営者の目や声が届く範囲も限られてきます。

管理者を育てることがさらなる成長に欠かせないことになります。


何を成果として、管理者に求めるのか。

それが明らかでないと、本当の意味で任せることは難しいのではと思います。



ニューワンズ株式会社様では、詳細は記事をお読みいただけると嬉しいですが
https://www.tkc.jp/fx4/case/202308_01/

業績管理を通して(もちろん、それだけではないですが)、管理者の育成をされています。


※認知症対応メソッドと、それにかける想いと取組、事例がとても素晴らしいので、

ぜひ記事をお読みください!



部門別の損益計算書を作成するだけではなくて、

各部門長が見て、パッとわかるような構成にしており、

(たとえば、科目をただ並べるだけではなく、「人件費合計」と気になる項目で集計するなど)

勘定科目の名前と、その中身も共通認識をそろえるようにしてあります。


それだけではなく、

各月の売上や経費、利益は、活動の結果が数字に表れたもの。

ですが、数字だけでは、わからないことも多いです。


部門別の損益計算書に、

各月のお客様の数やその増減の原因別人数、

稼働率や、従業員さんの労働時間や人数など、

事業にとって重要な数字を時系列に表示をし、

新規の方を増やすことができたから、売上が上がったんだな、

(としたら、良かった取組はなんだったのか?)

労働時間が増えているのは、新人さんが入って教えている時間もあるから一時的だな、

(としたら、工夫できることはないか?)

利益が上がっているけど、人が少なくて無理をさせていないかな、

と、現場の活動の様子とリンクさせるようにしています。


こうして、活動の「記憶」と結果である「記録」とを結びつけ、

そこから課題がうまれたり、

振り返って良かった取組が会社のノウハウになったりと、

それらが会社の財産になっていきます。


これを繰り返していくと、

経営幹部の方や、部門長さんが、数字に強くなってきますし、

数字がわかるだけでなく、具体的なアクションまで導けるようになってきています。

今では、年間の数値計画まで、各部門長が策定できるまでとなりました。

自分自身が立てた計画で(もちろん会社での調整はありますが)、

毎月PDCAサイクルが回せると、納得感も増すような気がします。



本当の業績管理は、毎月の損益がわかることではないんだなと思います。

毎月の予算と実績の比較でもないのだなと。


活動の結果の数値となるので、

どんな活動をしてきたか(例えば、〇〇件の得意先を回る)、

どんな結果が出てきたか(関心をもつ得意先が〇〇件あった、実際注文をいただいた)、

さらに、どんな結果が会計として現れたか(これが売上高や利益)

ここまでをまるっと追えることが、

本当の業績管理なのだと思います。



そして、企業の活動を通して、

「認知症を“希望"に変える」というビジョンに近づいていく。

ビジョン実現のために、利益を出していくことは大事なこと。




これは、大きな組織だけに限ったことではないように思います。

規模に関係なく、

成果を上げるために活動をしている企業すべてに、必要なことかもしれません。


どんな活動をどのくらいしてきたか = これをKPIと言います。

KPIをちゃんと管理して、その結果としての会計の数字をフィードバックとして活用する。


本当の業績管理ができたら、もっと会計が、いや、経営がおもしろくなるかもしれません。

経営に活かしてなんぼの会計です。

記憶と記録をリンクさせて、経営に、人材育成に、活かしていただきたいですね。



こんなことを、産創館さんでのこちらのセミナーでお話します!

【セミナー】<管理会計シリーズ>
数字を経営に活かす「月次決算」―翌月10日の決算で経営判断の精度を上げる!―
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=41768

ご興味のある方はぜひ!




2.現在公募中/これから公募の補助金/融資制度/おすすめ情報



・事業承継・引継ぎ補助金(第7次公募は未定)
https://jsh.go.jp/r4h/
2017年4月以降の事業承継者の新しい取り組み支援(経営革新支援)や、
M&Aにかかる費用の支援(専門家活用型)があります!


・事業再構築補助金(第11回公募 10月6日締切)
https://jigyou-saikouchiku.jp/


・ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(第16次公募 11月7日締切)
https://portal.monodukuri-hojo.jp/schedule.html


・小規模事業者持続化補助金(第13回公募 9月7日まで)
https://r3.jizokukahojokin.info/


・技術開発を支援するサイト(研究開発を支援する補助金など)
SBIR(Small Business Innovation Research )制度 特設サイト (smrj.go.jp)
https://sbir.smrj.go.jp/index.html


・支援情報ヘッドライン | J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]
https://j-net21.smrj.go.jp/snavi/index.html


・令和5年度業務改善助成金
事業場内で、最も低い賃金(事業場内最低賃金)を30円以上引き上げ、
生産性向上に資する設備投資等を行った場合に、その設備投資等にかかった費用の一部を
助成する制度です(最大600万円)。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html



3.おすすめ書籍 教養を磨く


教養を磨く
著:田坂 広志さん
https://amzn.asia/d/eVliD1Y

(本の紹介より)
教養とは答えの無い問いを問い続ける力

21世紀の「新たな教養」とは何か

現代の「教養」の「三つの変化」「三つの深化」とは何か。

これまでの「教養論」は、しばしば、「歴史学を学べ」「宗教学を学べ」「政治学を学べ」
「経済学を学べ」「心理学を学べ」「人間学を学べ」といった形で、
幅広いジャンルでの読書を勧め、様々な専門知識を学ぶことを勧めてきた。

しかし、真の「教養」とは、本来、多くの本を読み、様々な知識を学ぶこと
ではなく、そうした読書と知識を通じて、「人間としての生き方」を学び、
実践することである。

だが、残念ながら、現代の「教養論」においては、しば
しば、そうした「生き方」という大切な視点が、見失われてしまっている。
(「はじめに」より)


★手に取ったきっかけ

田坂先生の本は、好きでよく読みます。
7月に出た新刊とのことで、手に取りました。


★おすすめポイント

・新たな教養が求められる背景
 →人工知能革命
 →メディアの発達と多様化

・新たな教養とは
 →専門の知から生態系の知へ
 →言語の知から体験の知へ
 →理論の知から物語の知へ
 このように教養を深めたもの

・今後求められる能力
 →マネジメントの能力・・・成長のマネジメント・心のマネジメント
 →ホスピタリティの能力・・・顧客の無言の声に耳を傾け対応できる能力
 →クリエイティビティ・・・人間集団の「集合知」を活性化させ、その集団から
  アイデアやコンセプトを生み出せる「ファシリテーション能力」

過去から学べば、未来が予見できるという思想が、
現実の変化に追いついていない。

これからを生きるのに、
知っておくべき前提条件と、乗り越えるためのヒントが
田坂先生の深い教養とともに味わえる一冊です。


4.セミナー情報/イベント情報


★大阪産業創造館様 主催セミナー


■10/25開催
【セミナー】<管理会計シリーズ>
数字を経営に活かす「月次決算」―翌月10日の決算で経営判断の精度を上げる!―
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=41768


■11/13開催
【セミナー】<管理会計シリーズ>
課題を明確にする「部門別会計」 採算性を見極めて高収益に繋げよう!
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=41769


■12/5開催
【セミナー】<管理会計シリーズ>
数値計画を実現させる「予算管理」 目標を実現させるためのポイント
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=41770


■2024/1/23開催
投資意思決定会計のセミナー
(詳細は後日)


★価格高騰と戦い生産性を高める「管理会計」読書会

詳細未定ですが、試験的に企画を考えています。




5.活動日記 インボイス対応準備な9月


もう9月!早いですね。

9月といえば、来月10月!!

10月といえば・・・インボイス制度がやってきます><。。


お客様にご説明したり、セミナーしたり、必要に応じて社内説明会をしたり・・・

できる準備はしてきましたが、

具体的な対応を考えれば考えるほど、

この場合はどうなるの・・・?と新たな疑問が湧き、

調べて対応の仕方を考える、そんな日々です。


こういう場合は、受け取る領収書はインボイスでなくてもよいよ、という特例も多いので、

特例に対応するときは、特例に対応している旨を帳簿に記載しないといけないなど。


幸い私たちはお客様にシステムを提供させていただいているので、

インボイスの対応のうち、システムでなんとかなるものは、

システムの整備の仕方によって、事務負担が軽減されます。

できるだけ人力に頼らなくて済むものは、そのようにしたいものです。


それにしても、始まってみないとわからないことも多いのですよね。


知り合いの先生が、SNSに投稿されていたのですが、

京都市水道局の領収書に、2つのインボイス登録番号が書いてあったと。


上水道と下水道の運営は違う団体なので、

それぞれ別の登録番号があるのですよね。

1つの領収書、1つの口座振替を、わざわざ2つの仕訳に分けないといけないの?


仕訳ルール変更しないといけないし、

口座振替の仕訳を、領収書を参照して2つに分ける必要があります。

これまでと仕訳の入力フローが変わるので、

これもシステムと流れを変更しないといけないですね。


・・・と、

当分、システム会社かな?というような対応が続きそうです。


対応すればするほど、いったい誰が何をしたかったのさ?と

と疑問が湧いてきます。


消費税の適性課税(本来免税の方からも消費税を納めてもらう?)を狙いとするなら、

1,000万円の免税点を300万円などに下げればよいこと。


せっかく日本の消費税の計算は、帳簿で集計して算出するという合理的な方法だったのに、

これにインボイスの保存まで要件に入れてしまうことで、

インボイス出してくれるのどうなの?という、問合せをせねばならないし、

インボイスが保存されているかどうかを、私たちは確認をしないといけないですし。

実務の現場は大変です。


それでもやらないといけないから、さらっと乗り越えるために準備をしておりますが。


制度対応は、軽やかに乗り越えていただいて、

本当にやるべきこと、経営改善、

そして顧客の創造にお客様の時間を割いていただけるように。


そうだ。

インボイス祭りと呼ぶことにしよう。

9月はインボイス祭り月間です。




本日もお読みいただき、ありがとうございました。

今週もたくさんいいことがありますように!

いってらっしゃい!


  神佐 真由美


このメルマガの内容の転載は、大歓迎です。

ご感想・ご意見も大歓迎です。

このメールにご返信いただきましたら、私に届きます。


このメルマガをおすすめされたい方がいらっしゃいましたら
こちらのURLをご紹介ください。
https://mail.os7.biz/add/JaJ8

バックナンバーはこちらからお読み頂けます!
https://mail.os7.biz/b/JaJ8

メルマガの購読をやめたいときは、こちらから停止手続をお願い致します。
解除専用ページURL


発行責任者:神佐 真由美
住所:京都市伏見区東大手町 若由ビル 3階 角谷会計事務所内
連絡先:m.kanza@nifty.com

記事一覧

第233号★大卒求人倍率は1.71倍!採用難度は上昇傾向/なぜ「若手を育てる」のは今、こんなに難しいのか/大阪マラソン2024に挑戦します!【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年02月22日

第232号★この事業投資はすべきかどうか?の判断基準と優先順位のポイント/世界は経営でできている/手段が目的化しないように【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年02月13日

第231号★2024年のトピックス 社会や法律や税制など/なぜかうまくいく人の頭のいい時間割/管理会計&マーケティング勉強会/能登半島地震から1か月【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年02月08日

第230号★寄付をすると税額が減るしくみ 寄付金の減税措置とふるさと納税/阿川佐和子さんの話す力/能登上布の名刺入れ【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年01月20日

第229号★「もしも」を「いつも」に!今こそ見直したい何かあったときの備えとBCP計画/イノベーション・オブ・ライフ/目的を持ち、優先順位を明確に持つことの大切さ【税理士 神佐真由美】

こんにちは! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------------------

2024年01月09日

第228号★能登帰省中に地震に遭った経験からお話できること(できる備えは?)/おすすめ書籍はお休み/能登に心を寄せていただき、ありがとうございます【税理士 神佐真由美】

あけまして、おめでとうございます! 税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 -----------------------------

2024年01月05日

第227号★「今年の漢字®」は「税」!皆さんの今年の漢字はなんですか?/仕事のできる人を「辞めさせない」15分マネジメント術/私の今年の漢字は「走」です!【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年12月29日

第226号★来年度の税制は減税?増税?令和6年度税制改正大綱が発表されました!/顧客の「買いたい」をつくる KPIマーケティング/今日でどれだけ理想に近づいたか?【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年12月22日

第225号★「未来予測2040 労働供給制約社会がやってくる」から見えてくる課題/仕事の思想/奈良マラソン2023走ってきました!【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年12月12日

第224号★インボイス開始2カ月・・・いかがですか?そして、これからどうなる?※動画あり/逆・タイムマシン経営論/今年最後の産創館セミナー【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年12月08日

第223号★しかたないね、と諦めていることを解決するおもしろさ/「自営型」で働く時代ージョブ型雇用はもう古い!/キャリアデザインの授業【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年11月27日

第222号★毎月どこまで振り返りをしているか?バロメーターとしての月次決算/働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる/女性税理士だけの研修旅行【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年11月06日

第221号★【瞬足】に学ぶ お客様のニーズを観察するということ/税のタブー/弱い紐帯(ちゅうたい)の強み【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年10月26日

第220号★130万円(106万円)の「年収の壁」は結局どうなるのか?/モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書/宮沢賢治先生に会いに行ってきました!【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年10月09日

第219号★ついに始まったインボイス制度!潜む落とし穴を攻略せよ・・・!/「経営承継」はまだか/ナイスリアクションが8割では?【税理士 神佐真由美】

こんにちは!税理士の神佐真由美です。 今日もご開封いただき、ありがとうございます。 本日のメルマガの内容です。 ------------------------------------------

2023年10月02日

233 件中 1〜15 件目を表示
<<   <  1 2 3 4 5  >   >>