このメルマガの説明はありません。

採用定着のヒント 西野毅

社員が次々と退職すると良い会社になる?

2022年08月10日



社労士で採用定着士の西野です。

今回は、定着について考えて見たいと思います。

社長から「社員が定着しない」という
相談を日頃からよく受けます。

そこで私が次のようにお聞きします。

『なぜ社員が定着しないとダメなんですか?』

そこで返ってくる答えは、
「いや~、定着しないのは良くないでしょ」

という返答であったり、

「辞められると人手不足の状態になる。」
というのが多いです。

『では、人手不足にならなければ
いいんですか?』

「まあ、そうかもしれませんね。
でも、採用と教育に手間やコストが
かかるし…」

確かに、手間やコストがかかるのは事実ですね。

「良い人材に辞められるのは困る」
と答える社長もおられます。

『では、あまり良くない人材が辞め、
良い人材を採用できたらどうですか?』

ほとんどの社長が、
「それだったらいいかもしれない」
そう答えられます。

なぜ、こんな話をするかというと、
定着にも、良い定着と悪い定着があるからです。

会社にとって大切なことは、永続的に
発展させるということではないでしょうか。

だとすると、定着で大切なのは、
それに相応しい人材を定着させること。
まさに良い定着です。

逆に、そうでない人材が定着してしまう
のは悪い定着と言えるかもしれません。

面白いことに、私が定着のお手伝い
をすると最初は退職者が相次ぐんです。

以前、税理士さんからご紹介いただいた
企業があるのですが、私がお手伝いして
最初の数か月で6人中3名退職しました。

この時は
「大切なお客様をご紹介してるのに、
このざまは何だ!」と怒られました(笑)。

定着支援といいながら、半数が辞め
てるのですから何も言い返せません。

ところが、一通り退職すると、
その後は定着する、という傾向があります。

この会社の場合、
その後2人採用し5名になりました。

それまで毎年入れ替わっていたの
ですが、2年以上退職者無しです。

別の社員15名の会社では、
権利ばかり主張する社員が多く、
社長を悩ませていました。

私がお手伝いをするようになり、
最初の1年間で、何と7名辞めました。

この間、採用も数名で厳しい状態
が続いたのですが、その後3年半
退職者は出ていません。

新しい人材も徐々に入れ、
今は社員20名になっています。

この時に辞めた7名の大半が、
社長を悩ませたというのですから
興味深いものです。

今は評価制度を導入し、
1人1人の成長と組織への貢献に
力を入れています。

会社を良くするためには、退職者が
相次ぐもの必要なプロセスなのかもしれません。

そうは言っても、求人を出しても
応募者が無い状態では、なかなか
着手できません。

私が採用支援をすることになった
理由の1つでもあります。

良くない人材、問題社員の対策は、
こちらにご参加いただくのがお薦めです。
https://nishino-sr.jp/clp/%e5%95%8f%e9%a1%8c%e7%a4%be%e5%93%a1%e5%af%be%e7%ad%96%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc/

------------------------------------

西野社労士事務所・株式会社チーム力アップ
では、中小企業の人事・労務に関する問題に
幅広く取り組んでいます。

ご相談はこのメールにご返信または
お電話で承ります。
【初回相談 無料】
TEL: 090-7551-3570

【ホームページはこちらから】
https://nishino-sr.jp

【バックナンバーはこちらから】
https://mail.os7.biz/b/Sye0

記事一覧

その日の朝「有休使います」と言われたら?

社労士で採用定着士の西野です。 このところ就業規則について お伝えしています。 今回は、年次有給休暇について考えてみましょう。 ある社員から、その日の朝、 「今日、有休

2022年12月08日

定年制の落とし穴~第二定年導入が必要な理由~

社労士で採用定着士の西野です。 このところ就業規則について お伝えしています。 今回は、定年について考えてみましょう。 多くの会社が60歳定年、65歳まで 再雇用としてい

2022年12月06日

社員が何を考えているのか聞くのが怖い方へ!

社労士で採用定着士の西野です。 このところ、 就業規則を話題にしています。 このメルマガのテーマは、 人材の採用定着、育成です。 あまりピンと来ないかもしれませんが 就業

2022年12月01日

無料で就業規則を作成するポイントを解説します

社労士で採用定着士の西野です。 前回は、 厚生労働省のモデル就業規則について 解説しました。 無料で手に入れることができ、 お薦めですよ!って。 ところが、モデル就業規則

2022年11月29日

無料でお薦めの就業規則を紹介します

社労士で採用定着士の西野です。 今回は、 はじめて就業規則を作る場合、 10年前に作ったままほったらかし、 という方に、どんな就業規則を選べばいいのか? をお伝えします。

2022年11月24日

実は、社労士ですが就業規則は嫌いです

社労士で採用定着士の西野です。 今回は就業規則の話題です。 というのも、前回お伝えしましたが、 社員が日頃関心を持っているのは、お金と休み。 人材の定着は、これらの疑問に

2022年11月22日

社員から残業の計算を聞かれうんざりしている方へ

社労士で採用定着士の西野です。 突然ですが、 社員から残業の計算について聞かれませんか? 例えば、 ・残業に含まれる給与の範囲は? ・タイムカードを見て、1分単位でつけてい

2022年11月17日

人材の定着・育成に不可欠なこととは?

社労士で採用定着士の西野です。 ご案内しています求人セミナー、 明日実施いたします。 爆上げ求人セミナー&採用支援説明会 https://nishino-sr.jp/clp

2022年11月15日

求人を出すなら賞与の後がいい?

社労士で採用定着士の西野です。 まずはお知らせです。 私がしている採用支援、 お客様の声をアップしました。 有効求人倍率が15倍と採用難易度が 超高い訪問介護(介護ヘルパ

2022年11月10日

30代以下の若手人材を採るには…?

社労士で採用定着士の西野です。 求人を出して、応募が集まるようになった。 それはいいのですが、中高齢よりも 若手が欲しい。 という経営者の方も多いと思います。 そこで、今

2022年11月08日

求人を公開しているのにindeedに出てこない…

社労士で採用定着士の西野です。 前回取り上げました話題、 Airworkやengageなどで 採用ホームページを作成し、 Indeedに自動掲載する仕組み。 実際に取り入れ

2022年11月04日

Airworkなら無料でできるのに…?

社労士で採用定着士の西野です。 私の採用支援は、 Indeedと連携する採用ホームページ を作って、indeed内で応募を集める という仕組みを使っています。 採用ホームペ

2022年11月01日

採用は、頑張れば頑張るほどドツボにハマる

社労士で採用定着士の西野です。 前々回、ここ10年間における 採用市場の変化をお伝えしました。 〇過去の有効求人倍率はずっと、 1倍未満。企業優位の状態だった。 〇201

2022年10月27日

御社に名スカウトがいたら良い人材が集まると思いませんか?

社労士で採用定着士の西野です。 先週、プロ野球ドラフト会議が ありました。 そのニュースを見ていて思ったの ですが、もし御社に名スカウトが いたら… 良い人材がいくらでも

2022年10月25日

なぜ10年前と同じやり方では人材が集まらないのか?

社労士で採用定着士の西野です。 前回は、採用をする際、求人検索から 応募するまで、求職者の感情を考え て組み立てることが必要とお伝えしました。 求職者目線、ということです。

2022年10月20日

26 件中 1〜15 件目を表示
<<   <  1 2  >   >>