このメルマガの説明はありません。

採用定着のヒント 西野毅

定年制の落とし穴~第二定年導入が必要な理由~

2022年12月06日



社労士で採用定着士の西野です。

このところ就業規則について
お伝えしています。

今回は、定年について考えてみましょう。

多くの会社が60歳定年、65歳まで
再雇用としています。

定年というのは、無期雇用契約が前提になります。

一方で、有期雇用契約、
1年毎に契約更新している場合等が
それに当たります。

その有期雇用契約に5年ルールという
ものがあります。

有期雇用契約を更新し5年が超過
した場合、本人が無期雇用契約を
望んだら、会社としては無期雇用に
転換しなければなりません。

この場合、定年が適用されます。

ややこしいのは、
56歳で採用されたら、5年経過で61歳。

定年が60歳としたら、すでに定年を
上回っています。

その人が、正社員を希望した場合は
定年を理由に拒むことができます。

でも、無期パートタイマーを希望
した場合は拒むことができません。

無期パートタイマーの定年も60歳に
設定していた場合、無期雇用転換時に
すでに定年を上回っています。

この場合、この人に関しては
定年の定めなし、ということになります。

本人から退職の申し出がない限り、
たとえ本人のパフォーマンスが
落ちたとしても『解雇』という形でしか
辞めていただくことができません。

そこで『第二定年』の設定が必要になります。

このケースだと、第二定年を65歳としたら
61歳で無期雇用に転換し、65歳で
定年を迎えます。

では、採用時に61歳だったら…

5年経過時で66歳。
第二定年の65歳を上回っています。

そう、第三定年の設定が必要です。

現実的に、高齢者には耐えられない
ような肉体労働の仕事であれば、
それほど心配する必要はないかもしれません。

でも、ほんの一文、二文追加するだけで
問題は回避されます。

では、具体的にどんな条文を加えれば
いいのでしょうか?

こちらでお伝えします。
『就業規則を無料で作成する
3つのポイント』
https://nishino-sr.jp/clp/seminar-kitei/

------------------------------------

西野社労士事務所・株式会社チーム力アップ
では、中小企業の人事・労務に関する問題に
幅広く取り組んでいます。

ご相談はこのメールにご返信または
お電話で承ります。
【初回相談 無料】
TEL: 090-7551-3570

【ホームページはこちらから】
https://nihino-sr.jp

【バックナンバーはこちらから】
https://mail.os7.biz/b/Sye0

記事一覧

速報!2022年の採用競合数(求人広告数)

社労士で採用定着士の西野です。 採用の難易度を表す指標には様々 ありますが、私は主にこの2つを 参考にしています。 1つはハローワークの有効求人倍率。 求職者1人に対する

2023年01月26日

私がイメージする理想の中小企業の姿とは?

社労士で採用定着士の西野です。 今回は、私がどんなことを考えながら 仕事をしているのかをお話したいと思います。 私自身、ミッションとして 『中小企業にウキウキとワクワクを創

2023年01月22日

中小企業が組織改革できない最大の理由

社労士で採用定着士の西野です。 昨日「焼肉+就業規則で人材を定着 させる方法」の勉強会を開催しました。 ご参加いただい方、ありがとうございました。 簡単に申し上げると、前

2023年01月19日

良い定着、悪い定着、普通の定着

社労士で採用定着士の西野です。 前回は、離職率の平均をお伝えしました。 御社の人材定着度を知る上で、1つの 目安にはなるのですが、定着すれば (離職率が低ければ)良いという

2023年01月17日

離職率の平均はどれくらい?

社労士で採用定着士の西野です。 このところ、人材の定着についてお伝えをしています。 ところで、一般的な企業の離職率って どれくらいなのか気になりますよね。 新卒の場合、

2023年01月12日

若手人材が辞めていくホワイト企業が抜けている点とは

社労士で採用定着士の西野です。 ここ数年、職場環境が劇的に変化しています。 例えば、ブラック企業の代名詞でも ある労働時間(残業)やハラスメント。 働き方改革関連法、パワ

2023年01月10日

人間関係の良い職場ほど要注意な点は?

社労士で採用定着士の西野です。 新年あけましておめでとうございます。 本年も、採用と定着のヒントでは、 人材の採用から定着、活躍に至る まで、お役立ていただける情報を発信

2023年01月05日

人材定着のために絶対にやってはいけないこととは?

社労士で採用定着士の西野です。 自社の人材が定着しない。 もしあなたが、このようなお悩みを 抱えておられたとしたら、何が原因だと思いますか? en転職『人事のミカタ』 に面

2022年12月27日

焼肉+就業規則で人材を定着させる方法をお伝えします

社労士で採用定着士の西野です。 前回予告しましたように、 来月人材を定着させる方法について 勉強会を開催します。 このやり方で、 それまで毎年何人か退職していた 会社が、

2022年12月22日

焼肉+就業規則=人材の定着・活躍

社労士で採用定着士の西野です。 このところ就業規則の話題が続いています。 少し前のメール『実は、社労士ですが 就業規則は嫌いです』でこんな声をいた だきました。 https

2022年12月20日

突然退職した社員にペナルティを与えられるか?

社労士で採用定着士の西野です。 私が仕事をする上で特徴の1つとして サポートする会社が多種多様であること。 業界もそうなのですが、 社員規模としても、 1名~数万人と広範囲

2022年12月14日

社員から家族手当が無いことを追求された社長

社労士で採用定着士の西野です。 以前、ある社長からこのような ご相談を受けました。 社員から「家族手当」がない! と言われたという相談です。 前の職場ではもらっていた。

2022年12月13日

その日の朝「有休使います」と言われたら?

社労士で採用定着士の西野です。 このところ就業規則について お伝えしています。 今回は、年次有給休暇について考えてみましょう。 ある社員から、その日の朝、 「今日、有休

2022年12月08日

定年制の落とし穴~第二定年導入が必要な理由~

社労士で採用定着士の西野です。 このところ就業規則について お伝えしています。 今回は、定年について考えてみましょう。 多くの会社が60歳定年、65歳まで 再雇用としてい

2022年12月06日

社員が何を考えているのか聞くのが怖い方へ!

社労士で採用定着士の西野です。 このところ、 就業規則を話題にしています。 このメルマガのテーマは、 人材の採用定着、育成です。 あまりピンと来ないかもしれませんが 就業

2022年12月01日

24 件中 1〜15 件目を表示
<<   <  1 2  >   >>