このメルマガの説明はありません。

採用定着のヒント 西野毅

最低賃金過去最大アップへの対策

2023年08月02日



社労士で採用定着士の西野です。

今週の日曜は土用の丑の日でした。

何か文章に違和感がありますね。
日曜は土用、って。

実は、24歳になる長男鰻大好きなんです。

その鰻、20年くらい前までは、
まだ1,000円ちょっとで買えた記憶が
あります。

今の2分の1以下というところでしょうか。

だからよく買って食べさせてました。

もちろん、買うのは値引きシールが
貼っている時ばかりですが笑

ところが、いつの間にか急激に上がり
最早、値引きシールが貼ってても手が
出ません。

そんなことを考えていると、衝撃の
ニュースが飛び込んできました。

最低賃金、過去最大のアップ!

大阪だと、1023円から1064円になりそうです。

「こんなに上がってしまったら、
やってられんわ」という社長の嘆きが
聞こえてきそうです。

とはいえ、どうしようもありません。

そこで私からの考え方の提案。

うなぎだと思って考えてみませんか?

うなぎの価格が急激に上がったのは、
漁獲量が減少しているから。

そう考えると、求職者が減少している
のだから、労働力を買う価格も上がる
のは自然のことですよね。

では、その対策は?

これもうなぎで考えてみましょう。

1つめの対策、
高くなってもうなぎはやめられん。
この場合は今まで通りうなぎを食べ
続けることになります。

でも、より味わいながら食べること
でしょう。

2つ目の対策、
うなぎを食べるのをやめる(減らす)。
わが家はこれです。毎月1回は食べて
いたものが、年数回になりました。

3つ目の対策、
うなぎの代わりになるものを食べる。
穴子であったり、さんまのかば焼きで
あったり、ですね。

人件費が上がるのも同じです。

従業員数を減少させ、少数精鋭でやっていく。

代替策、例えば業務委託を考えたり、
RPAというロボット技術を取り入れ
たりする。

どうしても人でなければいけないなら
これまで通り人材を採用する。

その分、しっかり味わう=教育を
して最大限にパフォーマンスを発揮
させる。

このようなことをしっかりと
考えないといけない環境になって
きている。
うなぎと最低賃金のニュースに触れ、
そんなことを考えていました。

------------------------------------

西野社労士事務所・株式会社チーム力アップ
では、中小企業の人事・労務に関する問題に
幅広く取り組んでいます。

ご相談はこのメールにご返信または
お電話で承ります。
【初回相談 無料】
TEL: 090-7551-3570

【ホームページはこちらから】
https://nihino-sr.jp

【バックナンバーはこちらから】
https://mail.os7.biz/b/Sye0


記事一覧

会社への不満「みんな言ってます」は何人?

社労士で採用定着士の西野です。 社員面談をしていると、社員から 社長や会社への不満を言われることが あるかと思います。 追い打ちをかけるように 「みんな言ってますよ!」 と

2024年07月24日

中途採用の給与、いくらにしたらいいのか?

社労士で採用定着士の西野です。 前回は高学歴で優秀そうな 人材を採用する際の注意点を お伝えしました。 リスク面ばかり取り上げましたが、 決して、優秀そうな人は採用しない

2024年07月17日

高学歴で優秀な人材を採用する危険性

社労士で採用定着士の西野です。 御社の中途採用求人に高学歴、 一流企業で実績もある人材 から応募があったらどうしますか? しかも、面接をしてみると コミュニケーション力も高

2024年07月10日

退職届に「退職勧奨による」と書かれた!

社労士で採用定着士の西野です。 自分から「退職します」という社員 から提出された退職届に、 「退職勧奨により辞めます」 って書かれてたら、どうしますか? ある会社での出来事

2024年07月03日

通勤時間30分以上の人は採用しないで下さい…!?

社労士で採用定着士の西野です。 前回ご紹介した、 リクルートワークス研究所の Works Report2024(5月21日号)に 自宅からの通勤時間に関するデータも 紹介され

2024年06月26日

賃上げ1%で応募者はどれくらい増加するのか?

社労士で採用定着士の西野です。 求人を出しても応募が来ない。 このような状況を打破する方法として 一番に思いつく方法が、給料のアップ ではないでしょうか? では、賃上げに

2024年06月19日

電話で感じの悪い応募者をお断りする方法

社労士で採用定着士の西野です。 今回の内容は、前々回の続きです。 前々回の記事はこちら 【せっかく来た応募者と連絡がとれない】 https://mail.os7.biz/b

2024年06月12日

中途採用 3割の応募者が経歴詐称している!

社労士で採用定着士の西野です。 今回は、予定を変更して経歴詐称の 問題を取り上げます。 というのも、先週金曜日の ABEMAヒルズというニュース番組で 中途採用の経歴詐称の

2024年06月05日

せっかく来た応募者と連絡がとれない

社労士で採用定着士の西野です。 採用サポートをしている企業の方から 相談を受けました。 「応募者と連絡が取れないんです」 応募者は多いのですが、採用面接に 辿り着く割合が

2024年05月29日

今どき素直さを一番に求める企業って?

社労士で採用定着士の西野です。 人材を採用する際、 求める人材像を描いておられると 思います。 帝国データバンクの調査によると 新卒採用をメインとする企業では 1位:コミ

2024年05月22日

一か八の繰り返しでは成果が出ない

社労士で採用定着士の西野です。 先日、ちょっと時間があったので Prime Videoで「KAPPEI」という 映画を見ました。 まあ、何というか。 私がこれまで見た中で、

2024年05月15日

残業が多い製造業で20代から続々応募が来た理由

社労士で採用定着士の西野です。 前回の記事では、 今どきの会社員の残業に関する意識 を取り上げました。 「手当が出ても残業をしたくない」 という強硬派(笑)は62.5%に達

2024年05月08日

今どきの若者は残業をどう思っている?

社労士で採用定着士の西野です。 採用業務のサポートをしていて 感じることは「残業なし」 「残業ほぼ無し」は大きな魅力に なるということ。 それだけで応募者を集めるチャンスに

2024年05月01日

13 件中 1〜13 件目を表示