このメルマガの説明はありません。

採用定着のヒント 西野毅

「年収の壁」助成金の使い勝手は?

2023年10月11日



社労士で採用定着士の西野です。

今回もパート年収の壁を取り上げ
たいと思います。

パートさんに年収の壁を超えて
働いてもらった場合、パート1人
につき50万円の助成金を会社に
支給するという、キャリアアップ助成金
(社会保険適用時処遇改善コース)の
概略が厚生労働省から出ました。

私の顧問先の社長の中でも、関心を
もっておられる方がいますので、
この助成金の使い勝手を私なりに
解説します。

まず、対象となるのは特定適用事業所です。

特定適用事業所とは、フルタイムと
所定時間がフルタイムの4分の3以上
の従業員101名以上(2024年10月
以降は51名以上)の会社です。

社会保険の加入要件が週20時間、
月給88,000円(年間106万円)。

いわゆる106万円の壁の対象となる
会社です。

社会保険加入の対象になるか
ならないか、すれすれのところで
働いている人の賃金をアップして
社会保険加入を促進するのが目的です。

この時点で、このメールを読んで
いただいている方のほとんどが
対象から外れます。

ですが、100人以下でも任意特定適用
事業所とすることができます。

対象となり得るので、内容を理解して
いただいて損は無いかと思います。

パートさんが社会保険に加入する
ことで、保険料(本人負担分)が
収入の約15%かかります。

保険料に相当する額分の給料が
アップすれば、社会保険に入っても
手取りが変わらないので、社会保険
に入ってくれるだろう、ということです。

手取りが変わらないのであれば、
間違いなく本人にはプラスになりますから。

とはいえ、会社にも負担がかかるので
給料のアップ分は助成金でカバー
しましょうというものです。

支給額は1人につき50万円ですが、
3年間のトータルになります。

1年目:給料15%アップで助成金20万円。

2年目:給料15%アップ継続で助成金20万円。

3年目:給料18%アップで助成金10万円。

3年間で計50万円です。

例えば、現在時間当たり1,000円
だとしたら、
1年目 1,150円
2年目 1,150円
3年目 1,180円
になるということです。

なお、給料のアップは一時的な手当でも
OKとされているので、3年後助成金
が無くなれば、アップ分も外すことは
できそうです。

とはいえ、一度支給したものを外す
のは従業員の立場で考えると納得でき
ませんよね。

「そんなことだったら辞めます!」
と言われそうです。

かといって、アップした給料を
そのまま継続するのも会社としては
きついと思います。

社会保険に加入するメリットを
伝えた上で、働く時間を増やし、
その分収入もアップする、という
自然な流れが良いのかな?と
思っています。

ただし、最低賃金に近い給料で
やっている会社はアリです!

最低賃金が年5%アップすると
仮定して計算してみましょう。

現状(最低賃金)1,000円とした場合
以下のようになります。
※実際の最低賃金額ではなく
キリ良く1,000円としています。

1年目:1,050円
2年目:1,103円
3年目:1,159円
4年目:1,217円

1年目、2年目は助成金の
条件である15%と開きがありますが、
3年目は20円程度の差に収まります。

4年目以降は、逆に最低賃金に合わせて
アップしなければなりません。

そう考えると、最低賃金よりも多く
アップした分以上の助成金がもらえ、
一時的にでも労働条件を向上させる
ことができるので、人材募集にも
有利になります。

さらに、社会保険料の負担はありますが、
一旦社会保険料に加入すると、年収の壁
が無くなる分、これまで以上に働いて
もらうことも可能です。

御社の状況に合わせて要検討です。

なお、今のところ10月下旬頃に
正式発表され、10月1日に遡って
適用されることになっているようです。

-----------------------------------

西野社労士事務所・株式会社チーム力アップ
では、中小企業の人事・労務に関する問題に
幅広く取り組んでいます。

ご相談はこのメールにご返信または
お電話で承ります。
【初回相談 無料】
TEL: 090-7551-3570

【ホームページはこちらから】
https://nihino-sr.jp

【バックナンバーはこちらから】
https://mail.os7.biz/b/Sye0


記事一覧

労基署是正勧告、未払い残業代は何か月分遡る?

社労士で採用定着士の西野です。 このところ労働基準監督署の 調査についてお伝えしています。 今回取り上げている顧問先、 労災事故があったために 労基署の調査が入りました。

2024年02月21日

労基署の調査、どんな書類が必要?

社労士で採用定着士の西野です。 前回から労働基準監督署の調査に ついてお伝えしています。 労災事故により、労基署の調査が 入ることになったある会社。 「労働者死傷病報告」

2024年02月14日

顧問先に労基署の調査が入りました

社労士で採用定着士の西野です。 ある顧問先に労働基準監督署の調査が 入りました。 調査の内容の前に、労基署の調査って どんなものかをお伝えします。 まず、労基署が行う調査

2024年02月07日

正当な評価をしようとすると失敗する理由

社労士で採用定着士の西野です。 前回に続き、評価を話題にしたい と思います。 よく聞きますよね。 正当な評価をしないと社員の モチベーションが低下する。 そして優秀な人

2024年01月31日

社長が鉛筆なめなめの評価をしていて何が悪いの?

社労士で採用定着士の西野です。 前回、従業員満足度調査について 解説しました。 従業員満足度調査は大企業や中堅企業 を対象にしたもので、社員20~30名 の小さな会社にその

2024年01月24日

小さな会社に従業員満足度調査(ES調査)は必要か?

社労士で採用定着士の西野です。 先日、従業員20名程度の小さな会社の 社長から受けた相談です。 従業員満足度調査って必要で しょうか?と。 聞いてみると、人事コンサル会社

2024年01月17日

生産性向上のポイント

社労士で採用定着士の西野です。 このところ社員の生産性向上を テーマにお伝えしています。 まずはゴール設定をすること。 社長の考え方や会社の方向性に なるのですが、できる

2024年01月10日

ボーリングでガーターばかり出す社員

社労士で採用定着士の西野です。 新年あけましておめでとうございます。 本年も、採用と定着のヒントでは、 人材の採用から定着、活躍に至る まで、お役立ていただける情報を発信

2024年01月04日

なぜあの人の行動はズレているのか?

社労士で採用定着士の西野です。 前回、人件費高騰による倒産が急増して いることをお伝えしました。 もはやこの流れを止めることは できないので、従業員の生産性を向上 させるこ

2023年12月27日

人件費高騰による倒産急増が意味するもの

社労士で採用定着士の西野です。 人手不足倒産が増加しています。 株式会社東京商工リサーチの調査に よると、2023年1~11月の倒産は 144件。前年同期の2.3倍に増加。

2023年12月20日

病欠を有休にしたら労基署に駆け込まれた!

社労士で採用定着士の西野です。 「また有給休暇の話題か!」 と言われそうです笑。 でも、有給休暇の話題は尽きることが ないくらい多いんです。 今回は、病気で欠勤した社員の

2023年12月13日

退職する社員の賞与:減額はどれくらいまでOK?

社労士で採用定着士の西野です。 早いもので12月に入りました。 冬期賞与の準備をされている方も おられることと思います。 賞与の時期になると、よく相談を いただくのですが、

2023年12月06日

社会保険料控除でよくある大きな間違い

社労士で採用定着士の西野です。 このところ、労務に関する話題が 続いています。 どれも実際によくある話ですので 自社に置き替えていただけると嬉しいです。 今回は、社会保険

2023年11月29日

13 件中 1〜13 件目を表示